• At First
  • Business
  • People
  • Recruit
People

B-SERVの社員を知る

[ SAPコンサルタント ]
  • 2019年新卒入社
  • 2018年新卒入社
  • 2016年新卒入社

CONSULTANT
INTERVIEW

M.A

2019年新卒入社
関西支店 運用サービス部所属
心理学部 心理学科卒

< 01 > 現在の仕事内容について教えてください。

関西の拠点で、地域のお客様にSAPの運用保守サービスを提供しています。お客様ごとの帳票類に合わせて画面上の表示項目や数値の入力方法を調整したり、注文や請求などで表示金額が合わないなどのお困りごとを解決したりと、トラブル解決や業務効率化に向けたサポートを担当しています。お客様は製薬業界の企業が多く、業界ルールとして定期的なシステムの監査を受ける必要があり、改修等の履歴もしっかりと残さなければいけません。そのため、特別な厳格さに応える仕事の進め方が求められます。

< 02 > 成長を実感する瞬間はどんな時ですか?

採用面接で「10年以上にわたってお付き合いのあるお客様が多い」と聞き、お客様と良好な信頼関係を築いている会社と思えたことは、入社に至る動機のひとつになりました。2年目後半からは主担当として動くことが多くなり、お客様と直接話す機会も増え、日々のお客様とのコミュニケーションを通じて、面接時に感じたことは間違いではなかったと実感しています。
お客様がどのような状態で、どのようにSAPを使っているか。お客様の生の声に耳を傾けることでユーザー目線が身につき、自分の成長にも繋がっていると感じられます。

< 03 > キャリアビジョンを教えてください。

担当しているロジスティクス領域において、原材料調達から販売に至るまで、信頼される運用コンサルタントに成長したいと考えています。
マネジメントを担うキャリアか、現場でスペシャリストを目指すキャリアかはまだはっきりと決めていませんが、関わる範囲やできることの幅が広いこの業務を面白いと感じていますし、「おかげで解決しました、ありがとう。」とお客様から贈られる言葉にやりがいを感じています。

< 04 > 仕事をする上で
大切にしていることはなんですか?

お客様に十分に納得していただくためにどうするか、ということを常に考えています。
SAPに習熟しているお客様もいれば、SAPに触れるのは初めてで何もわからないという方もいらっしゃいます。担当しはじめたばかりのお客様に対して、端的な解決方法をお伝えするだけではまた同じようなお困りごとに直面してしまう可能性が高いため、「なぜこの対処が必要か」「今回のことは何が原因だったか」と、背景まで含めて丁寧にお伝えすることを意識しています。それによって再発を防ぐことができ、「相談してよかった」と感じて信頼関係が深まった時には、お客様の成長をサポートする仕事に誇りを感じます。

< 05 > 会社の魅力はどんなところですか?

当社はmcframeという市場で強い製品を持つビジネスエンジニアリング(B-EN-G)を親会社に持つため、小さい規模ながら基盤がしっかりしているところが強みだと思います。B-EN-Gが新規導入を手掛け、B-SERVがサポートする、というサイクルが安定していることが安心して仕事に取り組めることに繋がっていると思います。関西拠点では、B-EN-Gと同じフロアで仕事をしており、わからないことがあっても質問がしやすく、とても風通しの良い環境です。

< 06 > だから私は、B-SERVで働く。

私たちが保守するシステムも、利用しているお客様も、お客様が展開する事業も、すべて共に成長していこうという当社のスタンスにとても共感しています。一緒に働くベテラン社員から多くの知識が吸収でき、フットワークを活かしてお客様と直接対話し、課題を解決できるこの仕事にやりがいを感じます。
新卒入社の社員が増えてきている関西支店で、ベテランと若手を繋ぐ橋渡しの役割を担っていきたいと考えています。まだまだ、ここでできること、学べることはたくさんあると思います。

CONSULTANT
INTERVIEW

Y.M

2018年新卒入社
システムサービス本部 運用サービス部所属
経済学部 経済学科卒

< 01 > 現在の仕事内容について教えてください。

私は文系学部に所属していましたが、就活の時期に「AI」が話題になることが多く、将来にわたって必要とされる職種に就きたいという想いから、IT業界やエンジニアを志すようになり、B-SERVへの入社に至りました。
入社以来、SAPという業務統合システムの生産管理部分、その中でも販売関連のモジュールをメインに、エラー対応や機能追加などのお客様からの要望に対応しています。
石油元売大手企業や精密機器メーカーグループなど、日本を代表するような大手企業のお客様を担当しています。

< 02 > 成長を実感する瞬間はどんな時ですか?

IT企業の仕事はパソコンに向き合うことばかりの仕事ではないかと想像していましたが、お客様とのやり取りやパートナー企業との打ち合わせ、社内での会議・相談など、むしろ「コミュニケーション」をとる時間の方が長いことがとても意外で、面白いところだと感じました。
一方で、入社直後はまだわからないことも多く、お客様からの問い合わせにもその場で回答ができないような状況ばかりでした。少しずつ経験を積み、問い合わせに対する回答も今までの経験から類推できるようになったり、エラー対応や開発案件についても手順や組み立てが頭の中でイメージできるようになっており、日々成長を実感しています。
最近では、少しずつ設計分野の仕事にも取り組むようになっており、自分自身の担当領域の広がりに成長を感じています。

< 03 > キャリアビジョンを教えてください。

SAPというシステムには、販売や会計など、非常に多くの領域が存在します。まずは現在担当しているロジスティクスの分野で知見を深めて、今後のキャリアではさらに幅広い領域の知識を身につけていきたいと考えています。システムに関する知識はもちろんですが、お客様の業務フロー、製品の製造プロセスなど、お客様の事業についての知見も広げていきたいです。

< 04 > 仕事をする上で
大切にしていることはなんですか?

お客様からの問い合わせに対し、できるだけ簡潔に丁寧に回答することを心がけています。
画面の操作方法に関する問い合わせなどは電話で会話しつつ同じ画面を見ながら説明し、その後話した内容をメールにまとめてお送りするなど、同じお客様から同じ問い合わせがなくなることを目標に、今と将来の相手の立場でコミュニケーションをとることを大事にしています。
もちろん、メールのみでやり取りした方がわかりやすくて速い場合はそちらを選択します。いずれの場合も、詳しくない相手に理解してもらうということを前提に、最適な対応を心がけています。

< 05 > 会社の魅力はどんなところですか?

会社はチーム制を整えていますが、チーム間に距離感はなく、役職が上の方でも質問があれば気軽に声が掛けられるコミュニケーションのしやすい環境が魅力的だと思っています。
周囲に相談できていれば有休もスムーズに取得できます。有休は会社として積極的な取得を推奨しています。
真面目で穏やかに仕事をしている社員が多く、プライベートでは明るくて面白い側面も垣間見ることができ、社内全体で人間関係が良好だと感じます。

< 06 > だから私は、B-SERVで働く。

SAPに関わるエンジニアとして、もっと実力をつけたいと思っています。その点、当社にはSAP開発のあらゆる分野で高いノウハウを持つ社員が多いため、ここで学べることはまだまだたくさんあると思っています。
いつかは自分も、いずれかの分野でエキスパートになり、周囲に頼られる存在になりたいです。

CONSULTANT
INTERVIEW

K.Y

2016年新卒入社
システムサービス本部 運用サービス部所属
生産工学部 マネジメント工学科卒

< 01 > 現在の仕事内容について教えてください。

私は現在、精密機器メーカーのグループ企業とともに、同メーカーの基幹システムであるSAPの開発や運用・保守を担当しています。
ロジスティクスを担当しているチームに所属し、私は購買モジュールの開発・保守に携わっています。
その他に、医薬品関連メーカーのチームにも所属し、リーダーの役割を担っています。ここではアプリケーションだけではなくBasisと呼ばれるシステムの基礎部分、ミドルコンポーネントに関する知識も求められます。入社1年目に研修で学んだ基礎知識が、今まさに活きていると感じながら日々の仕事をしています。

< 02 > 成長を実感する瞬間はどんな時ですか?

入社2年目でシステムの使い方や改修についてようやく理解できてきた頃、システムの要件とアウトプットのミスマッチが発生してしまいました。その原因は、私がシステムを開発・保守する立場からでしかお客様の考えを見ていなかったことでした。お客様の業務の実態を把握せず、お客様が何を求めているのかを理解できていなかったことが根本的な問題点でした。
この経験から、お客様からのどのようなご要望であっても、まずはお客様の業務の実態に照らして「何を求めているのか」を考えることを徹底するようになり、自分自身でも成長が感じられるようになりました。

< 03 > キャリアビジョンを教えてください。

プロジェクトをリードする立場に就くのは初めての経験で、知識も経験も足りていない状態ですが、この機会にプロジェクトマネジメントのスキルを習得し、会社に還元していきたいと考えています。加えて、豊かな発想力、対応の柔軟性なども磨いていきたいです。
さらに、エンジニアとしても技術を磨き、お客様により良い提案ができるようになりたいと思っています。SAPに関する知識も深め、チームに貢献できる存在になりたいです。

< 04 > 仕事をする上で
大切にしていることはなんですか?

知らないこと、できないことをそのままにしないように心がけています。
医薬品関連メーカーのプロジェクト開始時はBasisに関する知識が全くない状態でした。しかしそのままではチームの仲間ともお客様とも会話すらできない状態です。チームで相談する、自分でも調べてみる、など自分ができることを徹底して行うことで、社内外とコミュニケーションが取れる状態になれるよう努めました。
また別の案件でも、担当範囲以外の知識が必要な場面や、関係各所との連携が必要な場面があります。自分の担当範囲以外の部分もそのままにしておかずに知識を吸収していくことで、これからも乗り越えていきたいと考えています。

< 05 > 会社の魅力はどんなところですか?

当社は基本的に「AMS(Application Management Service)契約」という形態で案件を受託し、多くの場合、保守や開発の業務は自社内で行います。その分、社内には各分野のスペシャリストが多く在籍しています。困った時には相談もしやすく頼りになる存在が近くにいることは魅力的な点だと思います。
またそれは、税制改革に伴うシステム対応など、どの企業でも対応しなければならない事態に直面した時にも、事例やノウハウを横展開しやすい体制が構築できていることにも繋がっており、課題解決のスピードアップやお客様に対してもスピーディーで高品質なサービスの提供が実現できていると思います。

< 06 > だから私は、B-SERVで働く。

チーム一丸となって動くという会社としてのスタンス、全員がプロフェッショナルを目指しているという方向性、そのために業務で得られた知識やノウハウはみんなで共有しようという風土。これらは私にとってとても魅力的な環境です。
今は自分にとって技術力を高めるべき時期であり、その実現に向けて最適な環境で働けていると感じています。

  • 2019年新卒入社
  • 2018年新卒入社
  • 2016年新卒入社